AGAや病気による頭皮ヘアケア

AGAや病気が原因の薄毛の場合、頭皮のヘアケアが大切になります。この2つは薄毛になる原因が異なりますが、頭皮の状態を良くするには、毛穴の詰まりをなくすために皮脂の分泌を少なくしたり、湿疹などをできにくくしたりすることが大切になります。そのためのヘアケアとして、シャンプーの仕方を見直す、ということを行います。シャンプーは良く泡立てて、指の腹を用いて洗います。この時、髪の毛を洗わないように地肌を洗うつもりで行うと良いでしょう。強く洗ってしまうと必要な皮脂まで洗い流してしまうので、注意します。洗った後は丁寧にシャンプーを落とすことも大切です。

AGAの頭皮のケアの仕方

AGAはケアを行わないと抜け毛が増え、薄毛が進行していってしまいます。治療法には薬の服用や外用薬の使用がありますが、その治療と共にヘアケアにも行うことが大切です。頭皮には無数の毛穴がありますが、良く洗わないと皮脂がつまり、血行が悪くなり髪の毛が抜けてしまいます。頭皮のマッサージを行う前に指の腹を使って余分な皮脂を落とすことが大切です。また、ヘアケアで大切なことはゴシゴシと洗ったりマッサージするのではなく、優しく行うことです。シャンプーをした後はきちんと乾かす、ということも毛穴に雑菌を繁殖させないためにも大切です。

↑PAGE TOP